食べ応えが最高!?タラバガニの豆知識や通販の選び方など分かりやすく紹介

沢山あるタラバガニの通販の中でもおすすめは、かに本舗と北海道網走水産とかにまみれの3社です。
成果は重要なポイントです。
特に販売実績、営業年、会社の歴史などを明確に記載することが重要です。
カニを専門とするまたは主に扱う通信販売会社を選択してください。
これは、カニの成果とともに、カニの品質や状況を区別する目があるからです。

食べ応えが最高!?タラバガニの豆知識や通販の選び方など分かりやすく紹介

安心して買えるタラバガニ通販会社の選び方を説明します。
実績があるとトレーダーの顔とカニの産地がはっきりと表示されています。
通常、定評のあるベンダーは瞬間冷凍または猶予処理の後に出荷します。
グレースプロセッシングについて、グレース加工は繊細なタラバガニの品質を保護するために、タラバガニを氷の保護フィルムで包むプロセスです。
長持ちし酸化速度が遅くなり、品質が維持されます。
通信販売会社選びのポイントで美味しいタラバガニを手に入れましょう。

タラバガニの名前は鱈の漁場で獲れたカニなどから名付けられた

大振りの脚を鍋に入れて食べるカニ鍋は、多くの人々を魅了する冬の味覚です。
以前はおもにズワイガニが人気となっていましたが、昨今ではタラバガニの消費量が高まりを見せるようになりました。
このカニについて、ここでは簡単に解説をしていきましょう。
まず、国内でタラバガニが獲れるのは北海道のみです。
なぜタラバガニという名前になったのか、それは漁場で鱈を水揚げできたからです。
1901年頃の明治時代にはじめて確認がされた個体で、それ以前は食べられることはありませんでした。
釧路沖の約400キロメートルほどの沖合が鱈の漁場であり、手漕ぎ船で行ける距離ではありません。
つまり、国内でタラが食べられるようになったと同時に、タラバガニも味わえるようになったわけです。
深海に生息しているため、全身の甲羅が白っぽいのも特徴になっています。
現在では冷凍ものでロシアやカナダからも輸入されるようになり、比較的安価で購入ができます。

タラバガニはヤドカリ科に属し、足の数が5本などの特徴を持つ

タラバガニは、タラがよく獲れる場所に多く生息しているためこのような名前が付けられたとされていますが、名前にカニが含まれるものの生物学的にはヤドカリ科に属します。
ズワイガニなどの多くのカニは、5対10本の脚を持つのが特徴で、第1歩脚はハサミになっています。
これに対してヤドカリの仲間は、第1歩脚がハサミになっているという点はカニの仲間と同じですが、第5歩脚が退化しているのが特徴です。
そのため、ヤドカリの仲間は見た目的には4対8本しかありませんが、タラバガニの第5歩脚は甲羅の中に隠されており、ゴミを外に排出するなどの掃除目的で使われているとされています。
また、タラバガニはヤドカリ科に属するため、一般的なカニとは異なり前後にも移動できるという特徴もあります。
なお、タラバガニとズワイガニなど異なる祖先を持つ生物が、似たような環境に適応するように進化した結果、同じような形態を持つようになることを収斂(しゅうれん)と言います。

日本はメスのタラバガニの漁獲は法令で禁止

冬に味の旬を迎えるカニは、日本人にとってはご馳走に分類される食材です。
おもに寒冷地域の海で生息をしており、北は北海道から南は島根県となります。
ズワイガニ・松葉ガニのほかに、タラバガニなどいろんな品種で構成をされているのもポイントです。
カニが好物な方の多くが、甲羅内にある味噌が好きだと言うことでしょう。
この味噌はメスしか持っていません。
タラバガニの場合、脚を食べるのは基本ですが甲羅でミソを食べたことがある方はいないでしょう。
それは、国内ではタラバガニのメスの水揚げは法令で禁止されているからです。
まずミソは新鮮なものでないと口にできないため、ズワイガニなどでも国産の個体に限定されます。
タラバガニは輸入もされていますが、鮮度が悪いので食べられません。
法令で禁止をされているのは絶対的な数量が数少ないためで、卵を産卵する、雌の保護に努めているからとなります。
そのため捕獲はできません。

タラバガニを通販で買うときに失敗しないお店の選び方

タラバガニはスーパーやデパートなどの実店舗でも購入することができますが、最近はいつでも好きなタイミングで注文できる通販も注目されています。
実店舗がない分、様々なコストカットもできるので良質なタラバガニも安く購入できるということも人気の理由です。
とはいえ、やはり実物を見ていないこともあり、失敗してしまうケースも少なくないといわれています。
写真とは程遠い貧相な品物であったり、味や風味で満足できない可能性もあります。
タラバガニを販売するサイトは多く存在しますが、どこでも同じレベルのものが手に入るというわけではありません。
通販での失敗を避けるなら、やはり知名度も高く多くの実績を持つサイトを選んでおくほうが無難です。
悩んだときは人気ランキングも参考にすれば、すぐに人気店を知ることができます。
それから、実際に購入している人の口コミや評価も参考になりますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。
値段は安いに越したことはありませんが、他店よりも極端に安い場合は品質が劣る可能性が高いので気をつけたいものです。